TurboHub

マルチポート USB ハブと 4TB の SSD が夢の合体!そう、TurboHub ならね

Larger Storage Capacity. Faster Data Transfers. 6-in-1 Adapter.

Sponsored by TurboHub

最近のラップトップコンピューターは、Mac にせよ PC にせよポートが少ない物が多
い。その上内蔵ストレージの増設も昔の物に比べると格段に難しくなっている。

外部モニターの接続に、USB ドングル付きマウスに、GoPro も繋いで…。などと沢山
の周辺機器を接続しようとすれば必要になるのがマルチポート USB ハブだ。 これだ
けでもゴチャゴチャするのに、加えて外付け SSD も取り付けるとなると、USB ハブ

の周辺は混雑した交差点のような乱雑さとなってしまう。

そこに解決法を見いだしたのが、現在 Indiegogo でキャンペーンが絶賛成功中の
TurboHub だ。(開始からわずか 2 時間で目標金額を達成している。)

高性能なマルチポート USB ハブとしての機能に、最大 4TB の SSD が合体したもの。
もう USB ハブと外付け SSD や USB メモリーを別々に持ち運ぶ必要とはおさらば
だ!

もくじ

・外観も美しい TurboHub
・USB ハブとしての性能もバッチリ
・大容量ストレージパソコンを買うよりお得な高速 SSD
・リワード発送予定は来年 2 月
・まとめ

外観も美しい TurboHub

TurboHub

まずは百聞は一見にしかず、キャンペーン動画をご覧あれ。

外観も見ていこう。
サイズは 121mm x 55mm x 11mm。
重さは僅か 58g。

TurboHub

スペースグレー色のアルミニウムボディーが美しい。
特にスペースグレー色の MacBook Pro とは相性が良さそうだ。

USB ハブとしての性能もバッチリ

マルチポート USB Hub としては以下のポートが付いている:

・HDMI 2.0
・SD カードリーダー
・イーサネット
・USB-A 3.1 Gen2
・USB-C 3.1 Gen2 パワーデリバリー最高 100W
・Thunderbolt 3 パワーデリバリー100W

HDMI 2.0 は 4K 60Hz の映像を出力可能。イーサネットは 1000MB/s。カードリーダ
ーは 300MB/s(UHS-II の MicroSD だと 200MB/s、同 SD だと 300MB/s)、USB A
と C は 10GB/s、Thunderbolt 3 は 40Gbps でデータのやりとりが可能。

HDMI ポートだけで無く、USB-C、Thunderbold も付いているので、複数のモニター
に同時につなぐこともできる。(最大 2 画面)

MacBook にぴったり合うように作られて居るので、美しい MacBook のスタイルを損
なうこと無く機能を拡張することができるのは嬉しい。

キャップ側には USB-C 延長ケーブルがついていて、この状態でならスマホやタブレッ

TurboHub

キャップ側には USB-C 延長ケーブルがついていて、この状態でならスマホやタブレッ
トにも接続しやすい。 こちらの写真ではオス USB-C が二つ見えるが、USB-C ポート
が一つしか無いデバイス用にはオスが一つのバージョンも存在する(これについて詳
細は後述する)。

そのため、こちらの写真のようにスマホへの接続、タブレットや USB-C ポートが一つ
のパソコンなどにも接続できる。

TurboHub

大容量ストレージパソコンを買うよりお得な高速 SSD

TurboHub の売りは、そのマルチポート USB ハブに SSD が内蔵されていること。容
量は 1TB、2TB、4TB が用意されている。

MacBook を購入する際に、懐の都合からストレージ容量の少ないモデルを選択してし
まった方もおられるだろう。だって現在 MacBook Pro 13 インチモデルにおいて、ス
トレージ以外にスペックの違わない 256GB モデルと 512GB モデルの価格差は実に 2
万円もするのだ。

TurboHub
TurboHub

TurboHub の売りは、そのマルチポート USB ハブに SSD が内蔵されていること。容
量は 1TB、2TB、4TB が用意されている。

MacBook を購入する際に、懐の都合からストレージ容量の少ないモデルを選択してし
まった方もおられるだろう。だって現在 MacBook Pro 13 インチモデルにおいて、ス
トレージ以外にスペックの違わない 256GB モデルと 512GB モデルの価格差は実に 2
万円もするのだ。

それもストレージを僅かに 256GB 増設するだけで、である。それに比べると
TurboHub なら 189 ドル(約 2 万円)出せば約 8 倍もの 2TB のストレージを持った
USB ハブが手に入るのである。

TurboHub

SSD としては第 2 世代 USB-C ポートを使用していることもあり、従来の SSD ストレ
ージと比べて最大 7 倍速い、読み込み書き込み速度約 1200Mbps となっている。使用
する SSD は NVMe PCI4 SSD とのこと。SSD コントローラーは SMI2263XT が使用
される。

MacBook だけでは無く、他のパソコンやタブレット、スマートフォンに接続して使う
こともできる。容量の大きいファイルをスマホとパソコンの間で簡単にやりとりする
事が出来るのは動画や写真、デザインなどのデータのやりとりをされる方には何かと
便利だろう。

また PS4 にも対応、ゲームを TurboHub にインストールできるという。

Windows をインストールした外付け SSD からブートすることで MacBook で
Windows を走らせることもできる。もちろん Windows に限らず Linux その他 OS で
色々遊ぶことができるだろう。

リワード発送予定は来年 3 月

価格は容量に応じて 1TB が 109 ドル、2TB が 189 ドル、4TB が 339 ドルとなって
いる。この価格はキャンペーン終了後の市販予定価格の 50%オフとなっており、どれ
も数量限定。

パソコンに取り付ける側の USB-C ポートが 2 つあるモデル(MacBook Pro 用)と 1
つのモデルが選択できるようになっている。USB-C ポートが 2 つ連なる MacBook
Pro をお使いの方は前者を、USB-C ポートが一つしか無い場合や、その他のデバイス
でも使いたい(二つ突き出ているとデバイス筐体に干渉する)という方は後者を選択
すれば良いだろう。なお 1 つでも 2 つでも性能には差は無いとのこと。

1 年間の保証も付いている。発送は来年 2 月が予定されている。

 

スペック詳細はこの通り

TurboHub

まとめ

SSD と USB ハブを合体させるのは合理的で素晴らしいアイデアだ。

ポート数の少ないパソコンに必須の USB ハブに、大きなデータであれ細々としたデー
タであれ、いざというときに出番のある(から必然的に持ち歩かないといけない)
USB メモリーや外付け HDD/SSD。それらが上手くまとまったこのプロダクトのキャ
ンペーンが 2 時間で目標金額達成というのも頷ける。

キャンペーンは後 33 日を残し既に目標金額の 560%以上を集めている。気になる方
は TurboHub キャンペーンページをご確認あれ。